EDリカヴァー~497本のペニスを救ったカリスマED専門家の奥儀~

別にお金を払う必要もなく、何の資格を取る必要もない…

ただ男であるだけで、得られるはずの楽しみを、冷酷にも奪い取られてしまっているのです。
『こんな不公平な…!』と嘆いても治るわけでもなく、かと言って、病院に行くのもためらわれる。
まさにあなたはそんな状態にあるはずです。

冒頭からあなたの深い悩みを逆なでしてしまうような辛い話に聞こえたかも知れませんが、そう聞こえましたら申し訳ありません。

しかし私は決してあなたを揶揄したり、落ち込ませるつもりで、書き始めたわけではありません。

逆にその【人間に与えられた最大の享楽】をあなたにも堪能して頂きたい・・・

その自信があるからこそ、このように書き始めたのです。

病院に行く必要もありませんし、高い薬を買う必要もありません。

EDリカヴァー~497本のペニスを救ったカリスマED専門家の奥儀~

二重になりたい!

■【一重からぱっちり二重へ】モテぱっちり目元美人

女性というのは、綺麗になる事に一生懸命頑張っていると思います私も女性として生まれたからには、綺麗になりたいと常に願っているので貪欲です^^このサイトを見てくれているなら、「一重」「目が小さい」と悩んでいる事でしょう。

あなたも、「大きなクッキリとした二重になりたい!」と思っていらっしゃると思います。

それが、自宅でお手軽に同じ効果を得る事が出来るので、正直、通常の書籍と比べるとかなり高額に設定してあります。
でないと、今まで11万円をお支払いして頂き二重になった方に申し訳ないので・・・

実際に “モテぱっちり!目元美人”のマニュアル内容は数えきれないほどの、試行錯誤と何年もかけて体系化したものです。

そして、今まで1341人以上の女性がパッチリ二重を手に入れて満面の笑みで喜んで頂いてます^^

ですので、あえて値段をつけるなら、10万円以上の価値がある自信があります。

だって、恐い美容整形に7~20万(クリニックによりますが・・・)を払って二重に整形しても、直ぐに元に戻ったり・・・理想どおりにならずに後悔したり・・・

でも、この“モテぱっちり目元美人”のマニュアルは、沢山の女性に簡単に「目が大きくデカメ、二重になれる」ということを知ってもらいたいという気持ちで執筆したものです。

■【一重からぱっちり二重へ】モテぱっちり目元美人

女性が必ず喜ぶ愛情のプレゼント“エターナル”

プレゼントをもらえば女性が喜ぶのは当たり前です。

しかし、お金をかけたプレゼントであってもその効果たるや

全然持続性が・・・・・・・・・・・ありません。


大抵の品物は女性の心を永遠に射止めるほど、パンチ力はない。

それがわかっているから男はプレゼントに結構いい加減です。

しかし、

プレゼントは男の評価につながっています。

私がプレゼントで欲しいものランキングを調べていると

あるサイトでは2位に「愛情」と出ていました。

欲しいプレゼントに・・・「愛情」???

プレゼントそのものが愛情の証であるべきなのに。。。


女性が必ず喜ぶ愛情のプレゼント“エターナル”手作りマニュアル



女性は、このプレゼントを受け取れば
あなたの評価を★★★★★にするでしょう。(星5つ満点)

大好きな女性に告白しようとして、自信がない人も

恋人関係をさらに深く、強くしたいと思っている人も

夫婦関係を時には昔の恋人時代のようにしたい方も


記念日は常にあなたに迫り来るのです。


★★★★★ GETしましょう。(星5つ満点です)



女性が必ず喜ぶ愛情のプレゼント“エターナル”手作りマニュアル

女心をつかみ惚れさせる完全スキルブック

彼女の気持ちを振り向かすためにどうすればいいのか?

幸則は「それがわからない」と言うのです。


彼は友達の紹介で知り合った子が大好きになり落とそうと思ったと言います。
見た目は井川遥に似た可愛い子です。


もちろん彼は本気でした。
連絡ははなるべく沢山するように心がけていましたが、
彼女の仕事の都合とかがあり夜10時からしか彼女と話す事はできませんでした。

お互いの時間の都合もあって会うこともそんなにできない...
なので、幸則は「話ができるのを楽しみにしていた」とのこと。

実際に彼は、彼女と話せるように夜10時になると毎日スタンバイして連絡を待ちました。


ところが、彼女の方は

友達と食事に行ってて昨日話できなかったとか...
疲れて寝てた...

とかで週に1・2回話をできればいいほうだったと言います。




彼女は自分の都合は優先するが
こっちの思いなんて考えようともしない


彼にはそんな感じがしました。


どうにかしたい彼は、なるべく接触回数を増やそうと思いました。
なぜなら、彼女の気持ちをもっと近づけたかったし、
「自分の気持ちを分かってもらわなきゃ彼女が完全に惚れない」
という焦りもあったからです。


ところが、彼が会おうとすると
「今日は友達と予定があるから...」
「仕事で明日早いから・・・」

と都合が合いません。

彼は仕方なく、毎日メールをするようにしましたが
彼女からの連絡はだんだんと時間がかかるようになり、
ついに彼は思ったことを口に出したのです。


「なんでメールの返事が遅くなるわけ?」

それ以来
彼女からの返事は待っても待っても来ませんでした。



心配になった彼はいてもたってもいられず、

仕事の休憩時間に電話をしてみることにしたのです。

しかし、
「プープープー」と繋がらない。


彼は彼女のためにという一心で頑張りました。

事実、夜十時には、
すっぽかされようとも彼女と話ができるように スタンバイしていたし、

話ができたときには、自分の気持ちを分かってもらおうと努力もしました。

けれど、

自分の思いを分かろうともしない...

何度話をしても理解しようとしない...

話せば話すほど彼女が遠のいていく...

自分の都合ばかりを優先させる...

その上、


急に態度を変えて連絡すらなくなる...
そうなる理由をあなたはわかりますか?


自分の気持ちを理解してもらおうとして行動した。彼女のことを考えて動いた。

ところがそういう行動が彼女からしてみると迷惑行為にしか思えなかったり
「うざっ」と感じてしまうことさえあります。
なぜなら、彼女が全く必要のないモノと受け取るからです。

女心をつかみ惚れさせる完全スキルブック

最短で彼女をつくる恋愛マニュアル

ホストクラブと言うと女性にモテてあたりまえなイメージがあるんじゃないですか?
でも実際モテるのはほんの一握り。
今でこそNo.1となり、今までに付き合った女性も50人を超えましたが、
私も始めは女性に全く相手にされない万年「ヘルプ」でした。

オンナ好きからホストクラブの道を選んだ私ですが、肝心の女性に全く相手にされないのです。
ファッションや髪型などの見た目にはそれこそ給料のほぼ全額をつぎ込み、
自分なりにビシッとキメて行っても、全く指名が取れず・・・

なぜだ?
私は真剣に悩みました。
当時のNo.1のハヤト(仮名)は見た目は全然かっこよくなかったんです。
ご存知、お笑い芸人の「木村○一」にそっくりでした。
しかも、そんなにテンションが高いわけでもなく、ただ淡々と会話しているような感じで、
ハヤトのどこがいいんだ? という感じで・・・

ハヤトには何か秘密が隠されているに違いない!
そう思った私は、その日からハヤトに近づき、彼のことを観察するようにしました。
お店の営業中も、お店が終わってからも、
ずっとハヤトにべったりくっついて観察しまくりました。

ハヤトは本命の彼女がいたのですが、
誰もがうらやましがるほどの美人で、
しかもいつもハヤトを見る目はうるうるキラキラ。
本当にハヤトのことが好きなんだなぁ・・・
と、なぜかハヤトに嫉妬してしまうほどでした。