女心をつかみ惚れさせる完全スキルブック

彼女の気持ちを振り向かすためにどうすればいいのか?

幸則は「それがわからない」と言うのです。


彼は友達の紹介で知り合った子が大好きになり落とそうと思ったと言います。
見た目は井川遥に似た可愛い子です。


もちろん彼は本気でした。
連絡ははなるべく沢山するように心がけていましたが、
彼女の仕事の都合とかがあり夜10時からしか彼女と話す事はできませんでした。

お互いの時間の都合もあって会うこともそんなにできない...
なので、幸則は「話ができるのを楽しみにしていた」とのこと。

実際に彼は、彼女と話せるように夜10時になると毎日スタンバイして連絡を待ちました。


ところが、彼女の方は

友達と食事に行ってて昨日話できなかったとか...
疲れて寝てた...

とかで週に1・2回話をできればいいほうだったと言います。




彼女は自分の都合は優先するが
こっちの思いなんて考えようともしない


彼にはそんな感じがしました。


どうにかしたい彼は、なるべく接触回数を増やそうと思いました。
なぜなら、彼女の気持ちをもっと近づけたかったし、
「自分の気持ちを分かってもらわなきゃ彼女が完全に惚れない」
という焦りもあったからです。


ところが、彼が会おうとすると
「今日は友達と予定があるから...」
「仕事で明日早いから・・・」

と都合が合いません。

彼は仕方なく、毎日メールをするようにしましたが
彼女からの連絡はだんだんと時間がかかるようになり、
ついに彼は思ったことを口に出したのです。


「なんでメールの返事が遅くなるわけ?」

それ以来
彼女からの返事は待っても待っても来ませんでした。



心配になった彼はいてもたってもいられず、

仕事の休憩時間に電話をしてみることにしたのです。

しかし、
「プープープー」と繋がらない。


彼は彼女のためにという一心で頑張りました。

事実、夜十時には、
すっぽかされようとも彼女と話ができるように スタンバイしていたし、

話ができたときには、自分の気持ちを分かってもらおうと努力もしました。

けれど、

自分の思いを分かろうともしない...

何度話をしても理解しようとしない...

話せば話すほど彼女が遠のいていく...

自分の都合ばかりを優先させる...

その上、


急に態度を変えて連絡すらなくなる...
そうなる理由をあなたはわかりますか?


自分の気持ちを理解してもらおうとして行動した。彼女のことを考えて動いた。

ところがそういう行動が彼女からしてみると迷惑行為にしか思えなかったり
「うざっ」と感じてしまうことさえあります。
なぜなら、彼女が全く必要のないモノと受け取るからです。

女心をつかみ惚れさせる完全スキルブック